広告 スペースシャワーTV

ミートザワールドビート2023配信・放送視聴方法

ミートザワールドビート2023配信・放送視聴方法

FM802 MEET THE WORLD BEAT2023の模様がスペースシャワーTVで放送されます。

本記事では、スペースシャワーTVで放送されるNIのFM802 MEET THE WORLD BEAT2023の視聴方法(スマホ・テレビ)をまとめています。

CS放送がテレビに映らなくても、テレビ放送と同時間にネット視聴可能。
放送時間 番組名
7月2日(日)19:00~22:00 FM802 MEET THE WORLD BEAT 2023

5月27日(土)に開催されたフェスを、最速でたっぷり3時間楽しめる本放送。

数年ぶりに声出し解禁された大盛り上がりの雰囲気を思う存分楽しみましょう!

独占放送となりますので、この機会をお見逃しなく。

それでは、本題に入ります。

ミートザワールドビート2023配信・放送視聴方法

FM802 MEET THE WORLD BEAT2023の配信視聴方法

放送・配信サービス 配信・放送状況 お試し期間・特典
スペースシャワーTV
独占
今すぐ視聴
加入月無料
Hulu × 今すぐ視聴
14日間無料
Amazonプライム × 今すぐ視聴
14日間無料
U-NEXT × 今すぐ視聴
31日間無料
600pt付与
ABEMAプレミアム × 今すぐ視聴
14日間無料
ポイント付与なし
Video Market × 今すぐ視聴
31日間無料
550ptポイント付与
GYAO! × 今すぐ視聴
無料期間なし
ポイント付与なし
ニコニコ動画 × 今すぐ視聴
無料期間なし
ポイント付与なし
Netflix × 無料期間なし
ポイント付与なし
FODプレミアム × 14日間無料
100pt付与
TELASA × 15日間無料
ポイント付与なし

FM802 MEET THE WORLD BEAT2023は、CSのスペースシャワーTVで放送されます。

以下時間を見逃さないようにしましょう。

放送時間 番組名
7月2日(日)19:00~22:00 FM802 MEET THE WORLD BEAT 2023

スペースシャワーTV

料金 1,199円
※スカパー
無料期間 加入月
※スカパー
契約方法 スカパー
ひかりテレビ
auひかりテレビ
ケーブルテレビ
視聴方法 テレビ
スマホ
パソコン
タブレット

スペースシャワーTVを見るにはスカパー、ケーブルテレビ、J:COM、ひかりTVなどと契約が必要です。

CS放送の視聴環境が必要になります。

録画も可能なので永久保存して楽しみましょう。

なおCS放送の視聴環境がない方は以下も合わせて確認ください。

スカパー公式サイト(加入月無料)

スマホだけで見る(スカパー番組配信)

FM802 MEET THE WORLD BEAT2023はスマホでも視聴可能

料金 1,199円
無料期間 加入月
視聴方法 スマホ
パソコン
タブレット

また、FM802 MEET THE WORLD BEAT2023は、スカパーからスペースシャワーTVに登録後、スカパー番組配信でネット視聴(スマホ)できます。

CS放送がテレビに映らなくても、テレビ放送と同時間にネット視聴可能。

FM802 MEET THE WORLD BEAT2023をスマホ・パソコンだけで見たい方は↓
スペースシャワーTVを配信(スマホ・パソコン)で見る方法

【まとめ】ミートザワールドビート2023配信・放送視聴方法

名称 FM802 MEET THE WORLD BEAT 2023
会場 万博記念公園自然文化園「もみじ川芝生広場」
開催日 5月27日(土)
開場・開演 開場10:30/開演12:00/終演19:00(予定)
(雨天決行・荒天中止)
出演 SHISHAMO
スキマスイッチ
Da-iCE
ナオト・インティライミ
ハンブレッダーズ
ビッケブランカ
yama
放送日 7月2日(日)19:00~22:00

先日、関西No.1ミュージックステーション・FM802主催の野外音楽フェスティバル「FM802 MEET THE WORLD BEAT 2023」が開催され、その熱狂の模様が3時間にわたって放送されることが決定しました!

「MEET THE WORLD BEAT」は、FM802のコーポレートアイデンティティである「Meet the music on the radio」を具現化するイベントとして、1990年に初めてスタートし、以来毎年恒例の音楽祭として親しまれています。この素晴らしいイベントでは、ラジオを通じて音楽の魅力を伝え、ライブでアーティストたちを熱狂的に応援する理念が大切にされています。

2023年の開催は、初夏の晴天に恵まれ、会場は最高の雰囲気の中で開催されました。長らく声を出すことが許されなかった中、オーディエンスは熱心に音楽に酔いしれ、アーティストたちも最高のパフォーマンスで観客を魅了しました!数々の豪華なゲストたちが熱いライブを繰り広げ、3時間にわたって見どころ満載のステージが展開されます。

このフェスティバルは、音楽の魔法に包まれた特別な瞬間を共有し、アーティストと観客が心を一つにする貴重な場です。ぜひ、3時間にわたる素晴らしいライブパフォーマンスをお楽しみください!

セトリ一覧

ハンブレッダーズ

  1. ワールドイズマイン
  2. ユースレスマシン
  3. またね
  4. アイラブー
  5. DAY DREAM BEAT
  6. 銀河高速
  7. THE SONG

yama

  1. 色彩
  2. 春を告げる
  3. Oz.
  4. ライカ
  5. くびったけ
  6. slash
  7. ストロボ

Da-iCE

  1. CITRUS
  2. DREAMIN'ON
  3. Clap and Clap
  4. Funky Jumping
  5. スターマイン
  6. Kartell

ビッケブランカ

  1. Moon Ride
  2. This Kiss
  3. 夏の夢
  4. 革命
  5. Ca Va?
  6. ウララ

ナオト・インティライミ

  1. タカラモノ ~この声がなくなるまで~
  2. The World is ours!
  3. カーニバる?

SHISHAMO

  1. 恋する
  2. 君の目も鼻も口も顎も眉も寝ても覚めても超素敵!!!
  3. 君の大事にしてるもの
  4. 夏の恋人
  5. キミと夏フェス
  6. 明日も

スキマスイッチ

  1. LINE
  2. view
  3. ボクノート
  4. 奏(かなで)
  5. ガラナ
  6. Ah Yeah!!
  7. 全力少年

青空が広がり、夏の訪れを感じさせる暖かな日だった。自然文化園の入口を抜けると、岡本太郎の名作「太陽の塔」が目に飛び込んできた。園内はすでに訪問者で溢れかえっており、古いミザワビのTシャツを纏う人々や、アーティストのファンとしてのアイテムを身に着ける人々が座り込んでリラックスしたり、木の下で涼んでいた。開演を待ちながら、各々が思い思いの時間を過ごしている。完売したチケットのおかげで、観客数は1万人を超え、エリアは次第に賑わっていった。

物販エリアには、公式グッズやアーティストの商品、食べ物のブースが並んでいた。MEGA JIM BEAMの特別キャンペーンや、maxellのモバイルバッテリーの充電サービス、さらに赤い風船のブースでのインスタグラムフォローを契機にしたミザワビステッカーのプレゼントなど、さまざまなキャンペーンが開催されていた。

今回のイベントのビジュアルをデザインしたのは、バンコクを中心に活動するイラストレーターBeya。彼の作品は、配布された扇子やフォトブース、ステージ装飾など、会場のいたるところで目にすることができ、華やかな雰囲気を醸し出していた。

-スペースシャワーTV